チャットレディの業務内容

子育てを楽しむためのブログ

健やかな人生を一緒に歩む

赤ちゃんのくせ毛・髪が逆立つのはだんだんなおるの?

成長・健康も大切だけど・・・

やっぱりかわいい我が子の「見た目(容姿)」というものは

「体」を構成する要素として、非常に気になるものです。

 

「生まれた時点で多くのことが決まる」ということが現実であり

だからこそ「悩み」となるものであり、

同時にメイク・オシャレの「楽しみ」にもつながるものです。

 

特に女性であるママさんは、多くの方が理解されるはずです。

 

 

そして数多く存在する、見た目に関する「マイナス要素」

特に男性(男の子)にとって、気になる要素が

「髪が薄い」ということであり、赤ちゃんの髪に関する

悩みの中でも、最も多い内容と言えます。

 

「将来が不安・・・」となる要素の中でも

それほど深刻ではないようで・いずれは深刻になる

代表的なものであり、不安は常に存在するものです。

 

そして、結論から申し上げれば

 

「今気にしても意味がない」

 

というものであり、「今できること」としては

「健康的な成長を促す」ということしかないでのです。

 

今回は、そんな「将来的な薄毛問題」も含めて

赤ちゃんの頭髪に関するトピックを紹介します。

 

くせ毛も個性

 

赤ちゃんの髪の毛というのは、

「乳歯」と「永久歯」とやや似た面があり

ある程度「生え変わり」を繰り返しながら

徐々に「その子本来の髪」が作られていきます。

 

およそ1歳~2歳の間に完成に近づくとされ

それ以前の段階というのは、まさに「産毛」と言えます。

 

基本的には「個人差」というのはわずかなものであり

徐々に生え変わりながら「個性(癖)」を出していくのです。

 

みんななるもの

 

いくら伸びていても、産毛は産毛であり

基本的には「主張」がないものであり

頬等に生える産毛が長くなったものと同じ

「極度のねこっ毛」と言える状態です。

 

この柔らか過ぎる毛によって発生する「髪の逆立ち」といった悩みに関しても

赤ちゃんに頭髪問題における、典型的なものと言えます。

 

「大丈夫なのか?」心配になる方が多いようですが

しかたがない・当たり前の現象であり、柔らかいがゆえに

  • 寝相
  • 体勢
  • 静電気

 

といった、外部からの影響を受けやすいことで起きます。

 

過去には、

  • 母乳の質が関わっている
  • 自律神経の状態によって方向が変わる

 

といった「迷信」が信じられていた時代ももあったようですが

科学的根拠はなく、「ただただ柔らかいから」に過ぎません。

 

ただし「つむじ」が「逆立ちの方向・程度」に

影響していることは確かであり、いずれにしても

生まれ持ったものであり、矯正することも、意味もありません。

 

この時期の髪の毛というのは

  • 切れやすい
  • からまりやすい

 

ことからも、薄くなりやすいものであり

また生え変わりの期間というのは、

非常に簡単に切れてしまうものでもあります。

 

寝ている際の、摩擦だけ後頭部を中心に抜けてしまう現象は

「乳幼児後頭部脱毛」という名前が付いているほどです。

 

そのため「いっぱい抜けた」ということに関しては

基本的には、それほど神経質に悩む必要はありません。

 

頭髪の状態が遺伝することは事実

 

言うまでもなく、「頭髪の状態」というのは

「遺伝」というものが非常に大きな影響を与えるものであり

父方・母方の、いずれかに似ていることが一般的であり

また「途中で変わる」ということもあるようです。

 

「だから心配なの!」という方も多いはずですが

こればかりは仕方がないものと言えます。

 

 

1歳未満であれば

  • 薄い
  • 細い

 

ということは、当然のことであり

それ以降は「遺伝」によって、大きく左右されると言えます。

 

基本的に幼い時期というのは、「栄誉不足」以外には

頭髪の量・質に大して、悪影響を与える要素はありません。

 

冒頭で述べた通り、乳幼児期の頭髪に関しては

「ただ見守る」ことしかできないものなのです。

 

ただし、遺伝以外にも「マイナス」となってしまう要素もあり

そういった影響を排除することで「将来的な薄毛のリスク」

少しでも低下させることに、つながるはずです。

 

赤ちゃんは特に「掻きむしり」に注意

 

成人であっても、頭髪が「無毛」の部分

いわゆる「十円ハゲ」といったものが見られる人もいます。

 

そういった特別な症状の原因として

「ストレスによる円形脱毛症」以外では

 

「幼い時期に怪我をした・縫った」

 

というケースが圧倒的に多く、「物理的なダメージ」による薄毛というのは

加齢による一般的な薄毛とは別に、ケアが必要です。

 

「怪我」や「事故」による薄毛は、誰にでもリスクがあり

特に幼い時期というのは、「掻きむしり」に注意が必要です。

 

一般的な薄毛の原因として

  • 遺伝
  • ホルモン
  • 頭皮環境
  • 食生活

 

が考えられますが、掻きむしりというのは

特に「頭皮環境の悪化」を招く要因と言えます。

 

癖になってしまったいる場合というのは

そもそもの「肌質」にも原因があることも考えられるため

薄毛のリスクにとっても、スキンケアは重要なものになります。

 

最近の投稿