チャットレディの業務内容

子育てを楽しむためのブログ

健やかな人生を一緒に歩む

赤ちゃんの好き嫌いが多くて心配になる~食べて欲しいものを食べない悩み~

「食の喜び」は、生涯にわたって大きな「生きる喜び」につながるものであり

「好きな食べ物が多い」ということは、幸せなことです。

 

また同時に、食事とは「生きるために必ず必要」な習慣であり

「好き嫌いがない」ことは、健康面においても非常にメリットの多いことと言えます。

 

そして、生まれて初めて食の喜びを実感する

「スタート」と言えば「離乳食」であり

「ミルク飲めなかった」という条件から

様々ななものを口にすることで

新たな「経験」となるものでもあります。

 

 

「こんな美味しいものがあったんだ!」

 

という発見は、大人になってからも嬉しいものです。

 

こういった、離乳食のスタート・過程においては

「顎の発達」それに伴う「脳への刺激」といった

様々な角度から考えることが多いものですが

特に多い悩みとしては、やはり

 

「食べて欲しいものを食べてくれない」

 

ということだと思います。

 

好き嫌いは「成長」にも影響があるもの

 

離乳食を始めた段階では、「〇倍粥」といったものから

始めることが一般的ですが、これはあくまで

「固形物」に体を慣れさせるためであり

お粥自体には、それほど味がありません。

 

もちろん、最大の国民食である「お米」を利用することは

末永く続く習慣であり、そうあって欲しいものです。

 

そして、次の段階からいよいよ「味覚」への挑戦となります。

 

味覚のある食べ物というのは、「栄養素」を含んでおり

お粥が「炭水化物」であることに比べて

「体づくり」という面でも、非常に重要なのです。

 

そのため、「好き嫌いが多い」ということは

体の発達にとって、デメリットであることは確かです。

 

「生まれつき」の要素も

 

しかしながら、まず前提として

好き嫌いに関しても、よいことではないとは言え

生まれた時から要素を持っていた、

その人を形作る「個性」の1つであるとも考えられます。

 

しかしながら、そうは言っても「治したい」

できるだけ、いろいろなものを食べて欲しいのが親心であり

そのためには「後天的な工夫」が必要ですが

克服することは、十分に可能なことになります。

 

そして、それはもちろん「早い方がいい」ものであり

ママさんも、大人になってからは

嫌いなものを、あえて食べないですよね・・・?

 

でもやはり、何より体・健康のことを考えても

愛する我が子には、何としても食べて欲しいはずです。

 

いろいろな角度から工夫してみる

 

「どうしても食べてくれない」ものがある場合には

まず「何がいやなのか?」について

そして、その対象を「どう判断しているのか?」

こういった角度から、考えてみることも大切です。

 

「味が嫌いなだけ」という可能性ももちろんあります・・・

 

「なんとなく、かたちがやだ」

 

「なんとなく、色がやだ」

 

「なんとなく、においがやだ」

 

 

こういったことは、十分に考えられることです。

 

見た目だけで判断し、

「こないだ食べたマズイやつだ」と

「あの色をしている・・・」となっている場合には

「別のかたちで提供する」ことは、1つの有効な方法です。

 

形をかえる、味付けを変える、ということは

非常に一般的な方法と言えます。

 

もちろん、「美味しそうに食べているところを見せる」や

「好きなものに混ぜる」ということも、有効です。

 

また忘れがちなこととして、「触感」という側面もあり

大人でも、「鳥皮」等が苦手と言う方は珍しくありません。

 

赤ちゃんというのは、神経質でもあり

ちょっとザラザラがいやだ、なんてこともあると思われます。

 

しかしながら、最終的には「そのもの」

抵抗なく食べることができることが大切であり

そのためには徐々に「本当のかたち」に戻すべきと言えます。

 

その際には、「忘れた頃に」ということも大切であり

徐々に食べれるようになったものを、少し時間を空けて

より本来の形に戻して食べさせてみましょう。

 

「癖」になっていることも

 

また、「食べてくれない」という悩みと同時に

「気に入ったら同じものばかり食べてしまう」ことに対して

悩んでいるママさんも多いようです。

 

この「好きなことを反復する」ということは

幼児期には特徴的な行動であり、

「まあ、分かるけど」と、理解される方も多いはずです。

 

離乳食を作るうえでは、ママさんも十分に注意して

料理しているはずであり、「食べ過ぎたから毒」となる

特定の栄養素のリスクに関しては、ほぼないと思われます。

 

また好きなものが多いことは、何も問題はありません。

 

しかしながら、やはり懸念すべきは

「肥満」といった、体形に与える影響であり

離乳食を始めた後の段階における、「授乳期」との違いは

「太る」「痩せる」という、違いが現れ始めることです。

 

もしも、好きなもの対象が

「脂質が多い」「塩気が多い」ということは

十分に注意すべきことと言えます。

 

もちろん、特定の栄養素の偏りは

大人も子供も関係なく、よくないことです。

 

味覚の育て方

 

味覚の発達というのは、多くのことが判明している反面

「確実」とは言えないことも多いと言えます。

 

基本的には、離乳食を始める前までは

「甘味」「塩味」程度であると考えられており

また「うまみ」に関しても、感じることができるようです。

 

そして、徐々に「酸味」や

「苦味」を感じることができるようです。

 

一方で、

 

「生まれ時点で全ての味覚を持っている」

 

という考え方もあり、「好き嫌いは生まれつき」とされる理由

また「これをどう育てるか」という視点もあります。

 

「3歳までに味覚が決まる!」ということを聞くと

不安に思ってしまうママさんも多いと思いますが

実際には、意識して取り組んでいる方がほとんどです。

 

 

しかしながら、離乳食を始めた段階で

「本当に注意するべきこと」というのは

雑菌・温度・アレルギーという基礎的なことに加えて

「薄味」という要素程度のものです。

 

「好き嫌い」は、基本的にしょうがないものであり

克服していく過程も、一緒に楽しみましょう。

 

最近の投稿