チャットレディの業務内容

子育てを楽しむためのブログ

健やかな人生を一緒に歩む

暑い季節の子育てで注意したいこと

これから夏本番!という季節がやってくるにつれ、様々なレジャーを計画したりと

 

毎年この季節を楽しみにしていた、ママ・パパも多いと思います。

 

しかし、赤ちゃんが生まれることで一気に

「不安」の多い季節に変わってしまい特に「初めて迎える夏」

何かと神経質になってしまうことも多いはずです。

 

 

覚悟して臨むことは非常に大事なことですが

意外にも、準備・想定することは単純なことが多く

基本的には「外部(肌)」と「内部(水分等)」の

2つの要素を、しっかり見守ってあげることになります。

 

典型的な不安である熱中症以外にも、

  • あせも・湿疹
  • 脱水症状

 

といった要素も、基本的には「大人と同じ」であり

より注意する必要があるということだけです。

 

「あせも・湿疹」といった、外部リスクに関しては

「小まめに拭いてあげる」「湿気を乾かしてあげる」

といったことで、大事になることを防ぎますが

「脱水症状」を中心とした、内部リスクに関しては

外部リスクよりも、はるかに注意が必要になります。

 

そしてそれには、赤ちゃんの「体温調節能力」

大きく関わっており、その仕組みについて

しっかりと知っておくことが必要になります。

 

「赤ちゃんにとって」の判断は適切に

 

大人であっても、極端に暑い日には「まいって」しまいます。

 

しかし、大人でもまいってしまうということは

赤ちゃんにとっては、更に辛いことは間違いありません。

 

そして更に「体温調節機能」が未熟であることによって

体が「暑い」と判断してから、体温を調節することが難しく

大人よりも深刻な事態に陥りやすい傾向があります。

 

一般的には「生後1か月」から体温の調節が

徐々に出来るようになってきますが

3ヶ月でもうまく出来ない等、個人差があり

1歳半までは、特に注意が必要な時期であるとされています。

 

基本的には「様子」で判断し「ぐったり」している

「泣き続ける」といった反応で、判断するしかありませんが

「体温計」等を準備しておくこともおススメです。

 

逆に「冷え」に注意すべきケースも

 

基本的に、暑い季節に中止すべきは「熱中症」ですが

体温調節機能が未熟であるということは

「下げる」こともうまく出来ないことと同時に

「上げる」ことに関しても、まだ上手ではないということです。

 

特に汗が引いてくるタイミングは、体温を奪います。

 

夏場に「夏風邪」と呼ばれるものが増えるのも

この原理が理由でもあります。

 

徐々にならすことも大切

 

しかし「手足が冷たい」からといって

体温が低下しているとは限らず、たとえ暑くても

手足は冷たいということも起こります。

 

あくまで「様子」や「体温計」での判断が必要になります。

 

基本的には「室内」を一定の温度に保つことで

体調に問題がない状態であれば、体温は一定に保たれ

また、大幅に乱れることもあります。

 

しかしながら「耐性」をつけていくことで

同時に、体温の調節機能が養われてくることも事実であり

 

少し暑くても、ベビーカーでお散歩に行ったり

 

暑い中、汗をかきながら遊ぶといったことも大切です。

 

常に、室内にいられるわけでもなく

しっかりと観察しながらも「暑さ」を感じることは

「四季」が美しい日本ならではの「喜び」でもあるはずです。

 

最近の投稿