チャットレディの業務内容

子育てを楽しむためのブログ

健やかな人生を一緒に歩む

「お宮参り」の意味~いつ頃行くべきなの?服装はどうすればいい?~

出産後に訪れる、一番最初のイベントである「お宮参り」は、

このタイミングで新しいハンディカムを購入する等、

パパとママの「気合」の量も一気に大きくなると思われます。

 

「初宮参り(はつみやまいり)」とも呼ばれることのある、

 

お宮参りとは「無事に生まれました、ありがとうございます。」

 

という神様への報告であり、また「健康」と「長寿」を願うイベントでもあります。

 

 

そもそも「お礼」や「お願い」はいつしてもいいものと言えますが

基本的には、「生後1ヵ月後」くらいに訪れるものです。

(正式には男児は生後31日・女児は生後32日とされますが

必ず守らなければならないこともありません。)

 

必ずしも守らなければならないこともありませんが

「大安」という、六曜を守ることが多いと言えます。

 

「行先」に関しては、有名な・大きな神社でもいいものですが

馴染のある、「その土地の神様」が祭られている

地域に根差した神社に訪れることが一般的です。

 

 

「安産祈願」等で訪れた場所も、適切と思われます。

(基本的には、その土地を守る神様である

産土神(うぶすながみ)への参拝となります。)

 

※このページでは、「一般的なお宮参り」について

基本的な内容を、簡単に紹介したいと思います。

 

その土地の文化・風習によっては

微妙に異なる・特別な内容もあるかと思われます。

 

身近な「先輩」の意見も参考にしつつ

大切なイベントに臨みましょう。

「きまりごと」が多いイベントでもある

 

お宮参りの際には、赤ちゃんは「祝着」と呼ばれる

「お母さんの実家」から、贈られた服を着ることが習わしです。

 

パパとママに関しては、「着物」や「スーツ」といった

いわゆる「正装」であり、最近は「普通の洋装」も多いようです。

 

神社(祝い事)に、相応しくないものでなければ問題ありません。

 

ちなみに、参拝をする際には「父方のおばあちゃん」

抱っこすることが正式とされています。

 

その際には、「晴れ着(祝着)」を着させて

おばあちゃんの首に、抱っこ紐をかけることになります。

 

多くの親族総出で訪れることも多く

何より「日取り」の調整が、大変なことも多いようです。

 

※「父方の祖父母」を伴うことが正式とされてますが

様々な家庭の事情があるはずであり

守ることのできない場合も、問題はありません。

 

参拝の手順に関しては、

  • 2礼
  • 2拍手
  • 1礼

 

という、一般的な参拝方法と同じになります。

 

結婚式の際と同じように、氏神様へ「祝詞」を奏上することもあり

そのためには、予め予約をしておく必要があります。

 

その際に、「玉串料」として

「5,000~10,000円」を持参します。

 

ルールは「できるだけ守るべき」と考える

 

お宮参りとは。

 

「生まれました、これからよろしくお願いします」

 

という、ご報告・ご挨拶だけとも言えるイベントですが

赤ちゃんが経験する始めてのイベントでもあり

可能な限りは、(その土地の)風習を守るべきと言えます。

 

意外にも、しきたり・マナーが多いものであり

全てを知っておく・守ることは難しい面もありますが

今後も守っていくべき、文化でもありルールを守ることも大切です。

 

ただし、何より赤ちゃんのまた産後間もないママさんの

体調に注意すべきイベントでもあります。

 

祝着は厚着でもあり、またママさんが「着物」を着る場合は

久しぶりに、体を締め付けられることになると思われます。

 

無理のないように、また「神様に失礼のないように」だけは守り

楽しい・思い出に残るイベントにしましょう。

 

最近の投稿